裏紙に雑文

日記とか,とりとめのないこと

Ebib のススメ --- Emacs で文献管理 (その 3: 設定編)

その 1 および その 2 に続いて, Ebib の個人的なカスタマイズについてまとめます. その 1 でも書きましたが Ebib のマニュアルを読むと Customize を用いて設定されるのを想定しているように思えます. が,私は init.el に色々と書き込んでしまったので,その様に本記事でも記述します. 本稿は個人的な備忘録代わりですのでちゃんとマニュアルを読むことをおすすめします.

また下記の設定 (の一部) は私の GitHub のレポジトリに上げてあったりもします*1

*1:explicit に本名を掲示したくないのでリンクは張りません

続きを読む

Ebib のススメ --- Emacs で文献管理 (その 1: 基礎編)

修士論文を書くためにいろいろと参考文献を集めた際,その管理に Emacs を使ったという話をします. おおよそ package.el を用いてパッケージをインストールできる程度には Emacs に慣れた人を対象にしています.

本記事では .bib ファイルの基本的な編集方法について述べます. 文献の検索・閲覧や,ユーザ設定のカスタマイズなどは別記事で述べます*1

*1:後で書くぞ書くぞ

続きを読む

数式の相互参照: mathtools の紹介

某会で LaTeX を紹介したとき,知っている人が少ないと感じたので紹介してみる. 一言で言うと,相互参照した数式にのみ式番号を振る方法を紹介したい. ある程度知識がある人は端末エミュレータtexdoc mathtools と叩くか,CTAN で公式ドキュメントを読むと良いと思う.

https://ctan.org/pkg/mathtools

今回紹介する機能の他にも色々あって便利そう*1

*1:ぶっちゃけ私は数式の相互参照にしか使っていない

続きを読む

位相群モドキについて

位相群のようで位相群でない例について、テキストの演習問題を解いたので備忘録がわりにメモしておきたい. 参考にしたのは Donald L. Cohn の Measure Theory という教科書(1st edition). 次のリンクは 2nd editon だけれどぱっと見た感じ中身に大きな変更はなさそう.

Measure Theory - Second Edition | Donald L. Cohn | Springer

何か間違いを見つけたらコメントでご指摘ください.

続きを読む